あるいたきせき、まちのこえ、のんびりあたっく^^(なーんだ?こんにちわー・・・・

しょ・しょさい:書・書斎

2019年11月16日
10:33

書斎・書:
 ・書斎と言う文化
 ・何もない
 ・本だけの部屋
 ・図書室
 ・日本語の本だけの部屋(標準語・関西弁・津軽弁・・・)
 ・英語の本だけの部屋(イギリス英語、アメリカ英語、スラング言語)
 ・中国語の本だけの部屋(広東語)
 ・南朝鮮語の本だけの部屋(ハングル言語)
 ・
 ・
奇妙な古本屋があった
 ・漫画だけの部屋
 ・ブックオフ
  謎の2階・3階・・・ゲームセンター時代に、2階3階が、あったけど
  近年は、閉鎖され、1階部分のみ営業・・・・あれ?いろいろ本が無くなっている・・・
  日本語だけの書斎・・・日本語が、聞こえてくる
  英語だけの書斎・・・英語が、聞こえてくる
  中国語だけに書斎・・・中国語が、聞こえてくる
  
  つまり、その部屋にいれば、時の音の能力で、いろいろ聞こえてくる
  *母国語・理想体型・・・・
  監視対象は、その文化の異文化の所持する人たち
  日本に、英語の本だけの部屋?・・・・あれ?
      中国語の本だけの部屋?・・・・あ・・・・
  ということ

  つまり、北海道大学教授は、中国語だけの部屋(国立図書館)に、入り、中国語だけを聞きたかった・・・母国は、中国、間違いない
*日本国籍を取得して、多国籍状態の北海道大学教授

時の音の能力:
山彦の能力:
木魂の能力:

そして、
ホワイトハウスは、英語だけの書斎 *そのすべての理想、という、図式

だから、香港島暴動は、中文大学にしか、それは、存在してないと、推定
もとから監視対象で、そこが、中核派の拠点だったという図式

南朝鮮では、元大統領が、テレビだけの部屋で、テレビを聞いているだけ
という、図式で、「おかしい」と言われた事象
*なぜ、そうするか、説明できない、不適格者だった
時の音の能力を正確に伝えることが出来なかった
*本来は、広東語か、ハングル言語の本だけの部屋に、いるのが、本物

昔からの文化で、それは、存在して、見えない存在
それが、
・時の音の能力
・山彦の能力
・木霊の能力
妖精とかいろいろ言われている伝説、それは、実在する

・精神と時の部屋
 *その部屋で、短時間で、いろいろ能力が付く
・元気玉
 *世界中の情報を、ちょっとずつ・・ちょっとずつ・・・集める能力

という、図式
な?いみわかるだろ?

古本一冊買うのに、偉い手続きがいるようになったから・・・あれ?これ、やばいの?
と、思った人は、きっかけを知っている人たち
な?いみわかるだろ?

こっくりさんが、危険な理由は、
・中途半端に聞こえてくるから、ろくなことがない
・間違いもあるし、中途半端な半端者が、よくやる世界
・中途半端な情報で、それを信じてしまう
だから、危険な行為
(図書室で、それは、行われるだろ?)
な?いみわかるだろ?
*江戸時代は、寺子屋(お寺の書斎で、勉強・勉学)3287_11.jpg

この記事へのコメント